皮膚病やクラミジア対策などに使われるジスロマック

ジスロマックというお薬は抗生物質の一つで、病原細菌の蛋白合成を阻害して抗菌作用を示します。ジスロマックは様々な細菌対策に有効で、色々な病気に使われています。皮膚病、風邪、呼吸器感染症、尿道炎、子宮肝炎、骨盤内炎症性疾患などにも使われ、性病の一つであるクラミジア対策にも使用されています。このお薬は水ぶくれや口内のただれなど皮膚症状の副作用をおこすこともあるので、持病にアレルギーなどの皮膚病を持っている人は医師に伝えておくことが大切です。副作用は少ないですが、皮膚病の持病がない人も皮膚疾患のような副作用や目の充血、発熱、吐き気、胃痛、下痢などの胃腸症状などの副作用が現れた場合には、すぐ医師に相談しましょう。
クラミジア対策でジスロマックを使用する場合は、2000mgの超大量を1回のみ飲めば約90%の人に有効です。海外では非常に多く使用されており、日本でもよく使われています。ジスロマックは胎児に影響しないとされており、妊婦の使用も許されています。クラミジアの場合、500mgを3日間続けて飲む、1000mgを1回飲むなどのような半端な量を飲んでいても効果が現れないため、1回に2000mgという量を飲む必要があります。そのため自己判断で処方量よりも少なく飲んでしまうと効果が出ないので、きちんと飲むことが大切です。逆にクラミジア対策以外で使用される場合も、処方された量を守って飲みましょう。
ジスロマックは連鎖球菌、マイコプラズマ、腸球菌の一部が耐性を持っており、海外ではジスロマックのみで行っていく治療を見直す意見も出ています。そのため、ジスロマック以外の薬を使用して治療を進めて行く場合もあります。2種類の薬を使うことでより確実にクラミジアを消滅させます。